虫の息

おれは陽気なカブトムシ

五飛…教えてくれ…

 

生活に余裕があって、貯金も十分にあり、仕事が楽しかったらどういう家庭を築いていたのだろうか。

 

きっと今頃マンションをローンで買ったり、田舎暮らしなら一軒家を買っていると思う。子供はおそらく1人。現在は2人だが、きちんと生活を考えている人間は子供を容易に作らない。

 

車はBMW。中層富裕民が好む外車だから。たぶん趣味でジャズを聴き、家には5.1chのオーディオとでかいテレビがある。愛犬はグレイハウンドやボルゾイ、またはジャックラッセルテリア。休日には海岸で犬と走り、子供とカフェで昼食をとる。食にはやたら詳しく、店員にワインの味を語る。

 

中層富裕民が大嫌いなので、こういった生活が理想だとは思わない。

正直言って母方の家族がまさにこれだった。祖父は大企業の副部長、叔父はアメリカで働いていたのでいつも海外産のおもちゃやお菓子をお土産に買ってきてくれていた。

 

リビングには革張りのソファ、何の鉱物で出来ているのかわからないテーブル、その部屋にはいつも緩やかにクラシックが流れていた。

わけのわからないサプリメントを毎日飲まされ、週に2回は教会で賛美歌を歌っていた。

 

親族の集いでは高そうな酒を嗜むおばさん、麻雀で盛り上がっている男たち、祖父がカラオケの機械で歌い続けていたのを憶えている。

 

散々甘やかされて育ったおれは何についても努力することができず、“わからない”“できない”で済まされていた。菓子も好きなだけ食べていたので5歳になるころにはほとんどが虫歯だった。

 

坊ちゃん刈りでかわいいだけが取り柄だったおれは、何もできずに燃焼することさえ忘れてしまった愚かな父親となった。真っすぐに生きることができず、社会に逆らうこともできず、ただただ低きに流されてここまで来てしまった。

 

あと3,40年労働した結果、求めるものはやはり緩やかな死なのだろうか。

 

おばあちゃんのおもいで

10歳くらいまでは、祖母のことが大好きだった。古い家のときも新しい家でも半分ではなく上下階に分かれた二世帯住宅で、小学校から帰ってきたあとは祖父母のところでおやつや果物を食べていた。言えばお小遣いをくれるし、誕生日にはなんでも買ってくれた。

 

「おじいちゃんにお顔がそっくりね」と言われ、とてもかわいがられた。今はどう見ても母方似なのだが、後から聞いた話では母方が嫌いだった祖母のこじ付けだったらしい。

 

過保護な祖母は家の目の前にある自販機で飲み物も買わせてくれなかった。「危ないからダメよ、まだ小さいんだから」と、既に小学校高学年のおれに言っていた。
たしかに小学校5年生になっても身長が130㎝前後しかなかったので、いつまでも小さい認識なのはわかる。くわえて祖母の年齢を考えると、おれが5歳だろうが10歳だろうが大差はないのだ。

 

そして小5の終わり、両親が離婚してから過保護な部分を考慮しても好きだった祖母の印象が180度変わってしまった。姉は16歳ごろ家出してしまったので、祖母と父の3人暮らしが始まった。母というストッパーがいないため父の暴力はエスカレートし、おれは毎日泣かされていた。祖母も殴られていたが止めようとはせず、父のいいなりになっていた。

 

金をよこせと言われれば必要な生活費まで気軽に渡してしまい、「あれは家のローンのためにとっておいたのに」と、およそ小学生の孫に話すことではない内容を愚痴られていた。そのため金銭感覚がおかしくなってしまい、食費を節約しなければ生活もできないのかと、徐々に小食になり、高校2年生の時には拒食症になった。

 

生活環境は最悪で、祖母は全くゴミを捨てなかった。冷蔵庫は常にパンパンだったが大半の物は腐っていた。どう見ても腐っている野菜を出されて嫌だと伝えると、翌日には肉だけの料理が出てきた。
何かの拍子にこれ美味しいねと言うと、毎日そのメニューしか出てこなくなった。もう美味しいも不味いも言うまいと、食に関する興味がどんどん失われていった。

 

親父が好きな肉や揚げ物を中心とした生活を続けていった結果、中学に上がったあたりで高脂血症という病気になった。その他ストレスで顎関節症になるなど色々な病気になったが、病院は金がかかると毎日愚痴られていたので(おれのことではないと思うが)全て放置した。ほぼ全歯が虫歯、顎関節症、ニキビだらけという最悪な思春期を過ごした。

 

中学生同士で家庭状況の話はあまり触れないようにするのが基本だったが、高校に上がるとそれぞれの家庭の話はよく耳に入ってきていた。幼少期からずっとおかしな家だなと思っていたが、周囲の話を聞いて初めて正気の沙汰ではないことがわかった。
あぁ、うちはやっぱりおかしかったんだなと自覚してからは醜形恐怖とは別の希死念慮が込みあがってきた。生まれてこなければ、こんな家庭で育ってしまったからと、今でも後悔の気持ちがある。

 

普通の家庭は毎日掃除をしている。普通の家庭は部屋が臭くない。普通の家庭は冷蔵庫の中身が腐っていない。普通の家庭は父親が殴ってこない。
様々な“基準”がおれの中に生まれた。それを祖母に伝えたところ、なぜか笑われた。
父に伝えると、文句があるなら出ていけと言われて殴られた。顎関節症も悪化し、家庭と自分がどんどんキライになっていった。どこにも捌け口がなかったおれは、本格的に自傷行為をするようになった。

 

ケータイで調べてみると同じような境遇の人たち(主に女性)がたくさんいて、†銀血同盟†みたいなめちゃくちゃこじらせてるコミュニティに参加した。
魔法のiらんどで痛いブログを作り、腕を切っている画像や日記を毎日投稿した。コメントで「ゥチもお父さんに殴られてるょ。。。」というメンヘラらしいコメントを付けてくれた人と最初に仲良くなった。自分と同じような人たちがいるのだと嬉しくなった。

 

初めて自傷行為をしたのは中学生で、塾の講義中だった。その頃は抑鬱がひどすぎて誰とも会話ができなくなっていた。しゃべると嫌われるのではないか、自分みたいな人間が気軽に口を開いて良いのかという感情だった。

 

家庭環境が一番悪い時期だったせいだと思うが、感極まったのか爪で腕をえぐっていた。その場でボロボロ泣いていたのを憶えている。それが気持ち悪いと言われ、いじめっ子みたいなやつにさらに腕を掻きむしられたのも憶えている。

 

家庭でも全く会話をせず、黙っていると「うちに何の文句があるの!」と祖母が怒鳴ってきた。文句しかないだろう。父にも殴られていたがフラストレーションが限界に達すると、もはや殴り返していた。祖母のことも殴ったことがある。

 

あまりにもしゃべらない期間が続いたせいか、「お前って自閉症なの?」と父に聞かれたことがある。おれも今や二児の父だが、子供にそんなことを言う時点で人間ではない。
反抗しようと声を出そうとしたが、上手く発声することができなかった。しかも親戚が集まってるときに言われたので、泣きながら自分の部屋に逃げた。

 

キチガイの父を諭すこと諦めたおれは、こいつを育てた祖母が悪いと思い始めた。アンタは母親に向いていないよとキレ散らかしたことがあったが、笑いながら「母親なんて誰でもできるのよ」と一蹴された。もう誰とも口を聞きたくなかった。大好きだった祖母でさえまともな感覚を持ち合わせていなかった。せめて責任を感じていたり、後悔の念を持っていてほしかった。

 

一昨年祖母が死んだとき、憎しみなのか悲しさなのかわからない涙が出てきたと記述したが、今では悔しさだったのではないかと思っている。

 

ギリギリ

 

手当も昇給もない。ギリギリ非課税世帯を逃れている今の状態が続けば、いずれは今以上に文化的な生活が送れなくなると思う。


コロナウィルスの影響で外出することも減ったが、土日で外食や買い物をしていたら光熱費すら払えなくなる。鼻クソみたいな賞与が入ったときは車検や自動車税で無くなってしまう。


もしも空く予定がある実家が手に入ったら…もしも子供たちが進学したら…と考えることがある。


実家が手に入れば毎年固定資産税の十数万を払うだけで生活でき、今払っている家賃の2か月分相当なのでかなり前向きに生活できると思う。

空く予定があるというのは将来的にではなく、3月に仕事を辞める義母が再婚する可能性があるので近々に期待している。


問題は無職の義妹で、コネで半年程度働いただけで仕事を辞めてしまい、バイトも何件受けても落ち続けるほど救いようがない。結婚して嫁ぐと言っても顔は朝青龍、見た目どおり体重は100キロを超えているので、騎乗位しただけで相手の腰を折ってしまうと思う。出来婚もできない。

 

義母も相手の親から“早く家さ来てけさいん(早く家に来てください)”と言われているので早々に再婚したいはずなのだが、義妹を独り立ちさせるまで渋っているように見える。参考までに義妹のスペックを晒しておく。

 

【義妹(22~23歳)】
・無職
・身長167cm 体重110kg(健康診断票より抜粋)
・重度自閉症スペクトラム
・ゲームが好き(ド下手)
・口癖は「にゃあ」
・趣味はVCで小学生男子に下ネタを言うこと
・腐っても処女
・いつもデカい独りごとを言ったりデカい声で平沢進を歌っている
・料理が上手いと思っているが下手
→卵の黄身で皿に変な模様を描くが、もったいないのでやめてほしい。
おれはこれを“タマゴお絵かき”と呼んでいる

 

いかがでしたか?おれはこいつと同じ空間に3分も居られない。障害児だから仕方ないという親のエゴで1人の人間を社会的に殺してしまった良い例だと思う。ダウン症じゃないだけマシだと思わないとやってられない。


義母も50歳近い。このままアスペの義妹を擁護していたら再婚しても楽しみがなくなってしまうし、一生無職家事手伝い(手伝ってないけど)のままにさせる気であれば自分の幸せなんかドブに捨てたほうが良いと思う。


上の子も来年には小学生になる。さっさと家を空けてくれないとこのまま安アパートで転職もできないまま終わりが来るのを待っているだけの人生になってしまうので、おれが障害者雇用をされていないうちは身内の財産を少しでも掠め取って有利な生活を手に入れたいと思っている。

 

虫統一を目指して(メモ)

グソクムシャ】オボン H調整予定
・じごくづき…ゲンガーに強い
たきのぼり…ウィンディなど
・きゅうけつ…D次第では草や悪に対して持久戦に持っていける
であいがしら…サザンガルドを落とせる


ハッサム】タスキor命珠
・バレパン…アロキュウ、パルシェンなどに
ダブルウィング…ほぼダイジェット用
かわらわり…壁読みやはがねに
・シザークロス…選出されやすいゾロアークを狩る

クワガノン】オッカ
・万ボル…メンウエポン
・ライボル…ダイマ時140になる。エレキフィールドが生きた場合も強い。リザをカモる
むしのさざめき…身代わり抜きに使っていたがあまり刺さらないので考える
・エナボ…対みずじめん。トリトドン、ヌオー、ダイマホルードを狩る


ヘラクロス】こんじょう
・じしん…こんじょう発動後では命珠最速パッチを抜ける。ダイマは確2
メガホーン…ゴリ押し。ひかえめB振りエスパーは大体捌ける
・まもる…こんじょう発動用(ダイウォール)
・からげんき…なんでも殺す

 

イワパレス】くだけるよろい
・あなをほる…対でんき
がんせきほう…対空メインウエポン。ラプラスダイマでカモる
・こらえる…がんじょう代わり&よろい起点。物理じゃない場合はひっこめる
・ソーラーブレード…ダイマでアシレ、ホルードなどを狩る
(よろい発動受け出し)ウィンディ(余裕)、ホルードダイマで耐える)

 

※残り選出※

アブリボン…フェアリー枠。スカーフもあり

テッカニン…すりぬけでも強い

アギルダー…使いこなせない

○モスノウ…統一パではきつい

○ツボ…もう厳しい

オニシズクモグソクムシャを使いたい

シュバルゴ…悩む

ヌケニン…難しい

ペンドラー…ハードローラー返せ

○イオルブ…意地でも使わんきもい

○ガモス…有りだがほのおは要らん

フライゴン…むし/ドラゴンだったよねお前!?(錯乱)

バタフリー…蝶舞バトンタッチだけで選出はつらい

 

生まれてしまったこと

あと数日で30歳になる。

 

自分が想像していた30歳とは違う、30歳になってしまう。経済的・心身的に余裕のある人たちは30歳になると、年齢を重ねたことにショックを受けるのだろう。おれはそれよりも稚拙で余裕のないままこの歳を迎えてしまうことが怖い。

 

10代のころネトゲやVCでしゃべっていた30代の人たちはその会話の内容のほとんどが仕事についてだった。働き盛りというやつだと思う。未婚であるため生活にあまり興味が無いような人が多く、ちょうど仕事が軌道に乗ったり金銭的に余裕が出てくる時期でもあるし、将来のビジョンや自己啓発の話などは飽きるくらい聞かされた。

 

将来のビジョンについての話はかなり参考にさせてもらったが、今のところ想像通りには進んでいない。いつか家を持って好きな車に乗って…というのは、目標というよりは絵空事に近くなってきている。

 

そんな話を聞いたのも10年前のことであって、あれから何も成長を感じていない。フリーターを脱して正職に就いたのは前進だが、妻方の身内の紹介で入ったカスみたいな会社だった。

子供が2人いてもそれは生物的なものなので成長とは言えない。父親らしい振る舞いをしたところで自分自身の糧にはならない。子供を通して学ぶことはたくさんあるが、個人的な成長ではない。

 

毎年誕生日が近づくたびに苦しい、切ない、やるせないような気持ちが胸を充満する。生まれてしまった苦痛に耐えながら、この場に停滞し続けるのだろうか。

 

我流嫁ポケ育成論~新環境のすすめ~

現在の環境になってから壁張りやトリルなど様々なわるあがきをしてきたが、結局のところパーティは下記のように落ち着いてきた。

 

ハッサム(テクニシャン)

ランターン(ちくでん)

クワガノン(ふゆう)

ジャラランガ(ぼうだん)

ラフレシア(ほうし)

ファイアローはやてのつばさ

 

ハッサムくん

フェアリー狩りをするために今シーズンでは使用率上位に食い込んでいる。独占欲が凄まじいおれには少々耐えがたい。

めいそうニンフィアハッサムより足の遅いエーフィなどは簡単に抜けるが、かがくへんかガスのガラルマタドガスを前にすると正直手も足も出ない。そこまで頻繁に当たるわけではないが、だいもんじかえんほうしゃで確1なのでバレパン→タスキ発動→バレパンで抜いてしまえば次手のポケにも一矢報いることができると思う。

 

ランターンちゃん

ドロポンマジシャかみなりれいビで運用している。しかし対面させるロトムを確実に捌くことを考えれば、外す確率が少しでもあるドロポンよりもれいビをねっとうなどの技に変えて安定を取った方がいいのではないかと思う。そもそも退場するシーンではくさやじめんで沈むことが多く、れいビ自体を持っているメリットがあまりないかもしれない。ランターンはエラがみくんやパッチを抜ける可能性を秘めているし、ダイマを切るタイミングがそれなりにあるので威力140の技はできれば捨てたくない。ふういんやいちゃもんをかけられたときに困る。2種ウーラオスも捌けるし、それ以外はとくに言うことなし。

 

クワガノンさん

色違いが出たのでなんとなく使ってみただけだが、めちゃくちゃ強かった。すてゼリフモルペコに3回能力を下げられても相手のパーティによってはそこまで影響せず、先日は見事な3タテをキメてくれた。中でもライジングボルトはダイマックス時威力140になり、ダイマが切れてもエレキフィールドを活かしながら戦うことができる。

とくにリザードンをカモれたときの脳汁はヤバい。高いDととオッカの実のおかげでダイマ時にはキョダイゴクエンを耐え、ダイサンダーで戦意を喪失させる。余裕をこいてかえんほうしゃを撃ってくる敵も、むしのさざめき程度で捌けることが多い。ただランターンと同じようにかみなりを外すことが多いので、万ボルに変えてもいいかもしれない。

 

ジャラランガくん

ハバンの実で竜族に勝てる見込みがあるのと、見た目のかっこよさで採用した。B振りハバンの実でパッチだろうがサザンだろうが後攻のドラゴンクローで捌ける(サザンは嘘)。クリムガンオノノクスにはない防御力と豊富な変化技に魅力がある。ただしB振りロトムを出されると詰んでしまうので、ドラゴンクローやてっぺきだけではなく不意をつく特殊技も必要かなと思っている。なお対面フェアリーは…。

 

ラフレシアさん

当初はHを調整していたが、CBぶっぱで作り直した。Sも負けて最悪な対面の相手でも、ちからをすいとるを連打していればなんとかなる。ガラルヤドランに勝ったときはびっくりした。前シーズンはウサギに圧倒されて活躍できなかったラフレシアさんは、今シーズンでは多くの強ポケ相手に期待以上の奮闘を見せてくれている。エラがみマンでなんでも捌けると思っているキッズに対してラフレシアを出すとほうしで状態異常がかかった時点で通信を切られることもある。仕留めるときにはギガドレで半回、Cのランクが上がっていれば次手から等倍技で攻めても落とせる場合がある。

 

ファイアロー先輩

実は以前から作っていたものの、環境に刺さらなかったので温存していた。絶対に新環境でいけるだろうなと思っていたところに丁度よくウルガモスナットレイが出てきた。ASぶっぱだがB振り相手にはオーバーヒートで落とせることもある。スーパーボール帯ではウルガモスで詰むことが多いらしいが、なんとなく使ってみたところ面白いようにカモれる。なぜローテしない?初手出しの意味は?そんなに蝶舞したい?XYをやったことがないのかわからないが、はやてのつばさブレイブバードでワンパンできる。特性を1回で潰すのがもったいないのでアクロバット運用も考えたが、確実に仕留められるブレイブバードに頼ってしまって撃てないでいる。55の2倍でブレイブバードと10しか変わらないのに…。木の実ではなく勇気を出してアクロバット運用をすれば、フィニッシャーとして活躍できる場がもう少し増えるのかもしれない。

インターネットヌクモリティ

フリーターのとき、食料を送ってくれた人がいた。

 

家を追い出されたとき、泊めてくれた人がいた。

 

無職の時、仕事を斡旋しようとしてくれた人がいた。

 

自己破産をかけようとしているときに、手を差し伸べてくれた人がいた。

 

おれはいつもインターネットを通して誰かに助けられている。当のおれはずっと一人前になれない父で、いつも何かに責任転嫁をして苦難と向き合わないようにしていた。

 

今はどうだろうか。断ち切るもの、目を逸らすべきもの、向き合わなければならないもの、すべての区別がついているのだろうか。

 

生まれて30年も経っているのに未だに全てを育った家庭環境のせいにして、情けなくはないのか。

 

病気のせいで仕事を辞めた。

仕方なく闇金で借金をした。

お前のせいで上手く生きていけない。

発達だから運動ができない。

身内の紹介で薄給の会社に入った。

誰かのせいで何かを嫌いになった。

仕方なく生まれてしまった。

 

ヘルニアを直してから仕事に復帰すればよかった。

時間を作って別口で働けばなんとかなる金額だった。

自分のせいで上手く生きることができない。

運動ができないなら努力すればいい。

薄給なら転職すればいい。

誰かに左右される必要はない。

生まれてしまったものは仕方ない。

 

自分の意志次第でどうにでもなることばかりなのに、何もしていない。

何かをする勇気もなく、現状が変わってしまうことが怖くてしょうがない。

 

このまま生まれてしまった恥ずかしさに抗えないまま、ダラダラと暮らしていくのだろうか。